SCIENCE PARK

News

  • 2020.05.15
    新型コロナウイルス対策によるテレワークのセキュリティ対策 ~ファイル暗号化+持ち出し対策のセキュリティソリューション「NonCopy 2」と「VPN」による安心テレワークのご紹介~

現在、新型コロナウイルス対策としてテレワークの導入を検討しているお客様へ、金融機関や政府機関での実績豊富な高品質のセキュリティサービスをご紹介いたします。

■背景・目的

新型コロナウイルスの脅威が収束しない中、政府から新型コロナウイルス感染症対策として、緊急事態宣言の延長が発表されました。また、新型コロナウイルスの感染拡大を収束させるため、政府は「緊急事態宣言」の対象地域で人との接触機会の8割削減を目指し、在宅勤務の徹底などを働きかけており、テレワークの導入が必要不可欠となってきました。

都内の30人以上の企業を対象に調査を行った結果、3月時点でのテレワーク導入企業が全体の24.0%だったのに対し、4月には62.7%と、およそ2.6倍に増え、テレワークが必要と考える企業が増えている現状です。

しかし、テレワークを実施するには、業務上のデータを何等かの形で外に持ち出す必要があります。
大企業では、専用の機器やネットワークによって、セキュリティを確保したうえで、比較的容易にテレワークへ移行できる環境がありますが、中小企業においては、導入コストやルールの整備、運用面などのハードルが高いというのが実情です。

当社では、テレワークの導入を検討しているお客様へ、安全、安心にテレワークを実行できるよう、自社で開発、販売しているセキュリティ製品「NonCopy 2」と「VPN」の連携によるセキュリティサービスをご紹介いたします。

■NonCopy 2を導入することで出来ること

VPN利用時の問題点

NonCopyによる問題の解決方法

【特徴1】 社外PCにセキュリティソフトをインストールの必要なし

NonCopy2のインストールは社内PCのみでOK。社内PCにNonCopy2をインストールするだけで、リモートデスクトップ接続を行った際のデータ持ち出しを制限します。テレワーク先の社外PCにはセキュリティソフトウェアのインストールが不要です。

【特徴2】 従業員の環境そのままにテレワーク

社外から社内PCをリモートデスクトップ接続で操作するため、従業員の従来環境のままテレワークができるため、データ移行などは不要です。

【特徴3】 専用のPCを追加で準備する必要がない

社外PCに業務データが残らないため、どんなPCでもテレワークに活用できます。

■動作環境

NonCopy 2の動作環境は【こちら】をご確認ください

■「NonCopy 2」について

NonCopy 2の詳しい内容は【こちら】をご覧ください

■会社概要
会社名:サイエンスパーク株式会社
設立:1994年5月21日
所在地:〒252-0029 神奈川県座間市入谷西3-24-9
代表者:小路 幸市郎
資本金:40,000,000円
事業内容
・デバイスドライバ 受託開発
・セキュリティソフトウェア 開発販売
・IoT/画像システム 開発

■本ソリューションに関するお問い合わせ
ご興味・ご質問ございましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

page up