SCIENCE PARK

News

  • 2020.05.15
    サイエンスパークが提供するテレワークソリューション 「4thEye+CFKeeper」

5月に入っても緊急事態宣言の継続がなされ、首都圏や関西圏等大都市や一部の地域では、特定警戒都道府県として、まだまだ外出の抑制等、人との接点を極力減らすため、企業でもテレワークの推進、活用が必要不可欠になってきました。

一方で、東京商工会議所の調査では、テレワーク実施企業は26.0%、実施検討中の企業は19.5%にとどまっています。また、テレワークを「実施検討中」「実施予定なし」の企業が課題としていることは「社内体制の未整備」や「設備が不十分」「セキュリティの不安」があげられています。

テレワークを実施するには、業務上のデータを何らかの形で外に持ち出す必要があります。
大企業では専用の機器やネットワークによって、セキュリティを確保したうえで、比較的容易にテレワークに移行できる環境にありますが、中小企業においては導入コストやルールの整備、活用等運用面などハードルが高いというのが実情です。

弊社では、ITによる、より安全、安心な社会の実現をはかるため、自社で開発・販売しているセキュリティ製品「4thEye」、「CFKeepr」を活用することで安心して仕事を持ち帰り、テレワークが実施できる環境を提供します。

■CFKeeperと4thEyeで不正な情報漏えいを防止します

パブリッククラウド(OneDriveやBox)の活用により、インターネットを経由することで、どこからでもファイルにアクセスし、気軽に業務データの編集操作が可能になりました。
一方で、データが外部に持ち出される情報漏えいのリスクも伴います。
CFKeeperと4thEyeを併用することで、外部デバイスの接続を禁止し、さらにはマルウェアに感染され同期フォルダにアクセスされても情報を外に出さない仕組みで、情報漏えい流出を防止します。

★ 4thEye Professional でテレワーク先PC内の情報が外部デバイス(スマートフォン、USBメモリ等)への持ち出しを禁止。PC内での不正操作を監視、記録し、抑止効果を高めます。
★ CFKeeper でクラウドストレージ(Box/OneDrive)の同期フォルダから、PC内の別フォルダや外部デバイスへの持ち出しを禁止。マルウェア等不正プログラムによる同期フォルダからの不正なファイル持ち出しを防止。

CFKeeper + 4thEyeの構成図

■動作環境

4thEyeの動作環境は【こちら】をご確認ください

CFKeeperの動作環境は【こちら】をご確認ください

■「4thEye Professional 」「 CFKeeper 」について

4thEyeの詳しい内容は【こちら】をご覧ください

CFKeeperの詳しい内容は【こちら】をご覧ください

■会社概要
会社名:サイエンスパーク株式会社
設立:1994年5月21日
所在地:〒252-0029 神奈川県座間市入谷西3-24-9
代表者:小路 幸市郎
資本金:40,000,000円
事業内容
・デバイスドライバ 受託開発
・セキュリティソフトウェア 開発販売
・IoT/画像システム 開発

■本ソリューションに関するお問い合わせ
ご興味・ご質問ございましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

page up