SCIENCE PARK

News

  • 2020.09.30
    当社が横河レンタ・リース社と共同開発した「Passage Drive エンドポイント DLP」の提供開始について

横河レンタ・リース株式会社(以下、横河レンタ・リース、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:澤 和久)は、データレスPC ソリューション「Flex Work Place Passage Drive」(以下、Passage Drive)に情報漏えい対策機能を追加するオプション製品「Passage Drive エンドポイント DLP※」(以下、エンドポイント DLP)の提供を2020 年10 月15 日から開始します。価格は1 デバイス月額300 円です。

※DLP=Data Loss Prevention の略称

このエンドポイント DLPは、当社との共同開発製品であり、当社のDriverware技術を使用しています。

新型コロナウイルスの感染症拡大による社会情勢の変化を受けて、働き方の変革に取り組む企業が増える中で、テレワークの長期化・常態化が見込まれています。しかしながら、長期間テレワークを継続する前提でテレワーク環境の構築ができている企業は少なく、テレワーク環境におけるセキュリティー対策、情報漏えい対策が課題となっています。

横河レンタ・リースが提供するPassage Drive は、ユーザーデータを自動的にクラウド環境であるOneDrive へ保存させることでPC 内にデータを残さないため、安全でセキュアなテレワーク用のPC 環境を実現し、2018 年に提供開始して以来、約1,300 社に導入されています。今回、Passage Drive のオプション製品として追加する「Passage Drive エンドポイント DLP」は、テレワークの長期化を見据えた情報漏えい対策ソリューションで、テレワーク中に自宅プリンターで印刷や外部メディアへのデータ書き出しが実行できないようにPC を制御するものです。

エンドポイント DLP は、事前にシステム管理者が簡単な制御条件を設定するだけで利用開始することができます。利用開始後は、エンドポイント DLP が社内ネットワークと社外ネットワークの接続状況を自動で検知・判別して動作するため、システム管理者への運用負荷もユーザーの利便性も妨げません。
Passage Drive にエンドポイント DLP を付加することで、ユーザーデータは安全なクラウドストレージ(OneDrive)に集約され、セキュアな環境を保ちながら情報漏えいリスクを低減することができます。

■ Passage Drive エンドポイント DLP の詳細については下記URL を参照ください。
https://www.yrl.com/fwp/overview/passagedrive/index.html

【お問い合わせ先】
サイエンスパーク株式会社
営業部 セキュリティ製品営業課
〒252-0029 神奈川県座間市入谷西3-24-9
TEL 046-255-2544  FAX 046-255-0319
e-Mail: sales-products@sciencepark.co.jp
ホームページ: https://www.sciencepark.co.jp
page up