SCIENCE PARK

  1. ホーム
  2. IoT・画像処理
  3. AI環境構築サービス

AI環境構築サービス

section_01.png

あなたのAI環境、古くなっていませんか?

購入した当時はハイスペックでも、CPUやGPUの世代が上がるにつれて相対的に性能は低下していきます。 また内部で動くドライバやライブラリのバージョンを定期的にアップデートする手間は担当者にとって大きな負担となります。 サイエンスパーク株式会社はこれまで研究機関にAI開発用PCをカスタマイズ・セットアップして納入してきた経験を活かし、AI環境構築サービスを開始しました。

AI環境構築サービスとは

お客様の手元に最新のAI開発・運用環境を構築するサービスです。 ハードウェアだけでなく、内部にインストールするソフトウェアのセットアップを含めたトータルサポートをフルオーダーでお承りします。
継続でご契約いただける際には、年に1回のソフトウェア更新のオプションもご提供可能です。

section_02.jpg

パーツ選定からOSSライブラリのセットアップ+開発まで

YOLOやMask R-CNN、Tensorflowなどの各種フレームワークやライブラリが指定するCUDA/cuDNNのバージョン合わせや競合はスケジュール遅延の典型的な原因の一つです。 またOpenCV等の依存ライブラリのビルドなどのセットアップ作業で思わぬトラブルに巻き込まれることも珍しくありません。 複数のライブラリを使用する場合は、各ライブラリに応じて複数のCUDAのバージョンを調整する必要が生じるシーンも考えられます。 弊社はご希望の動作環境とご予算をおうかがいした上で、最適なハードウェアの構成をご提案し、ソフトウェアを含む環境構築を一手にお引き受けします。
さらにご要望に応じて、弊社独自ライブラリの導入や、専用ツール/アプリケーションの開発までご対応が可能です。 お客様は実現可能性調査や実験に集中することができます。

section_03.png
section_04.png

こんな時にご活用ください

  • 新規企画事業をスムーズにスタートしたい
  • OSSライブラリの性能比較と評価をしたい
  • 毎年新しい技術が出て追いつけない
  • AIプロジェクトの要件定義を自社でやりたい
  • 年度末に予算が余った
  • 無駄に光らないハイスペックPCがほしい

納入事例(400万円)

区分 仕様
CPU AMD EPYC 7502P 32core/64thread 2.5GHz
CPUクーラー AMD CPU専用冷水ユニット
GPU 4枚 x NVIDIA RTX A5000 24GB GDDR6 CUDAコア8192 / Tensorコア 256 / RTコア 64 ※2枚1組でNL-LINK接続
マザーボード AMD Socket SP3
メモリー 512GB (64GBx8) ECC Registered DDR4-3200
ストレージ1 BootDevice SSD 1TB NVMe ストレージ
サウンド onboard HighDefinition Audio
ネットワーク onboard Dual GigabitEther
電源 1500W 高効率高負荷対応 静音電源 100V入力(GPUワークステーション用)
キーボード 日本語 Logicool スタンダードキーボード K120 黒
マウス Logicool オプティカルマウスM110sBK
OS Ubuntu 18.04 LTS
プログラミング言語 Python 3.x
フレームワーク・
ライブラリ
  • CUDA
  • OpenCV
  • tensorflow
  • Keras
  • darknet(YOLOv4)
開発環境 NV-Docker / Singularity / Slurm / コンテナ (digits / tensorflow-1 / tensorflow-2 / pytorch / mxnet)
バックアップイメージ リストアUSBメモリ
page up