SCIENCE PARK

CFKeeper

CFKeeperとは

CFKeeper(CloudFileKeeper)は、クラウドストレージと同期する特定のローカルフォルダのセキュリティ強化を行います。

CFKeeper概要図

CFKeeperで、できること

マルウェア対策/標的型攻撃に対応!

暗号化+持ち出し制限

Box同期フォルダ(BoxDrive)は、クラウド上のBox内ファイルをPCから操作、編集できる便利な機能です。
CFKeeperを導入することで、ユーザーが意図的にファイルの持ち出し操作を行わない限り、BoxDriveからファイルの持ち出しが禁止されます。標的型攻撃、マルウェア感染による不正なファイル持ち出しを防げます。

PC紛失時の情報漏えいを防ぐ

必要な時に持ち出し可能

BoxDriveに保存したファイルは自動的に暗号化されます。
万が一PCを紛失し、PCのハードディスクを抜き取られても、BoxDriveに保存したファイルは暗号化されているため安心です。

クラウドストレージの利便性を損なわずに安全に

クラウドストレージの利便性はそのまま

BoxDrive内のファイルは暗号化状態ですが、クラウド上のBoxに同期/アップロードされるファイルは復号されます。
この機能により、スマートフォンやタブレットからBox内のファイルを閲覧することが可能となり、クラウドの利便性と安全性を両立しています。

連携製品ご紹介

現在CFKeeperは、Box/OneDriveと連携しています。

クラウドストレージ 対応製品
Box CFKeeper for Box
OneDrive CFKeeper for OneDrive

CFKeeperは、今後Boxエコソリューションに登録予定です。
また、「Box World Tour Tokyo 2019」に出展予定です。



BoxはBox Inc.の商標または登録商標です。
OneDriveは米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。

page up