SCIENCE PARK

重要なファイルを守る
持ち出し制限ソリューション

導入社数
100社以上
導入ID数
50,000 Lic以上

※2020年2月1日現在。

セキュリティポイントの
多様化、煩雑化に
お困りではありませんか?

  • ファイルサーバ内の
    機密情報保護

  • 標的型攻撃の
    脅威

  • ファイルの
    持ち出し管理

様々なセキュリティ機能で
情報漏えいを防止します。

  • 持ち出し
    禁止

  • 暗号化

  • ワークフロー管理

選ばれている理由

強固かつ柔軟なセキュリティ対策により、
セキュリティ意識の高いお客様を中心に
ご支持をいただいております。

  • 強固なセキュリティ

    • ・コピー禁止・暗号化・ネットワーク制御で多重防御
    • ・ワークフローによるファイル持ち出し管理
    • ・アプリや操作に依存しない対策
  • テレワークにも対応

    • ・人的ミス・不正行為など、徹底した内部対策
    • ・標的型攻撃など、最先端技術による外部対策
    • ・テレワークなど、情報共有環境の変化へ柔軟に対応
  • 数々の実績と導入事例

    • ・官公庁への導入実績多数、国内100社以上へ導入
    • ・海外合わせ54の特許を有する技術力
    • ・デバイスドライバ技術を元にした純国産ソフトウェア

      ※2020年3月時点

  • シンプルな運用

    • ・セキュアフォルダへデータを格納するだけ
    • ・コピー制御とファイル暗号化を同時に実施
    • ・ファイル拡張子、見た目の変更なし
  • フォルダ制御
  • デバイス制御
  • ファイルを暗号化

    セキュアフォルダ内のファイルは自動的に暗号化されます。
    NonCopy2がない環境では、復号できません。

  • ファイルの持ち出しを制限

    セキュアフォルダ内のファイルの持ち出しを制限します。

  • 持ち出し制限の
    細やかな設定が可能

    • セキュアフォルダ内の
      暗号化

      セキュアフォルダに保存されているファイルの暗号化を「する」「しない」を選択できます。

    • セキュアフォルダからの持ち出し

      セキュアフォルダに保存されているファイルの持ち出しを「禁止する」「許可する」を選択できます。

    • ファイル間の
      コピー&ペースト

      セキュアフォルダに保存されているファイルとセキュアフォルダ外に保存されているファイルのコピー&ペースト及びスクリーンショットを制御します。

    • インターネット利用

      セキュアフォルダ内のファイル操作を行っている際のインターネットの利用を「許可」「禁止」を選択できます。

    • ファイルの印刷

      セキュアフォルダに保存されているファイルの印刷を「許可」「禁止」で選択できます。

  • ネットワーク制御

    セキュアフォルダ内のファイルを参照する際、
    自動的にネットワークを遮断し、
    データ流出、標的型攻撃による遠隔操作を防ぎます。

設定は3ステップ

  • NonCopyモード開始で
    PCをセキュリティモードに移行

    タスクトレイアイコンからPCをセキュリティモード(NonCopyモード)に切り替えます。NonCopyモード中はコピーガードが有効になります。

  • 閲覧・編集環境は維持しつつ
    外部流出を防止

    セキュアフォルダに移動したファイルは、PCから閲覧や編集はできますが、セキュアフォルダから外に出せません。

  • NonCopyモード終了で
    セキュリティモードを解除

    セキュアフォルダの保護ファイル利用後は、手動でNonCopyモードから通常モード(セキュリティ解除)に切り替えます。

  • 各種デバイスへの持ち出しを制限

    様々なデバイスへの
    ファイル持ち出しを制限します。

  • 登録済USBメモリからの持ち出しを許可

    ファイルの持ち出しを
    登録済USBメモリに限定できます。

  • Bluetoothを制御

    Bluetooth接続のマウス、キーボード等の利用は許可しつつ、Bluetoothを介したファイルの受け渡しを禁止します。
    (Bluetoothテザリング、ファイルの送信等)。

  • Wi-Fiの利用を制限

    Wi-Fi通信利用の許可・禁止の設定で、
    登録済SSIDのみ利用を限定できます。

設定は3ステップ

  • 管理ツールで
    各クライアントのポリシーを設定

    管理ツールで、各ユーザーに対するコピー制御(書き込み禁止/読み書き禁止/読み書き許可)、指定USBデバイスの登録、解除キーの登録等の設定を行います。

  • PCに、
    NonCopy2をインストール

    管理対象PCに、NonCopy2をインストールします。

  • 外部デバイスへの
    データコピーを制御

    指定USBデバイス以外の、USBメモリ、SDカード、DVD-R、音楽プレーヤー、外付けハードディスクといった外部デバイスへのデータコピーを制御できます。

ご導入までの流れ

価 格

製品名 ライセンス料 年間保守料
(更新制/初年度必須)
備 考
NonCopy2 デバイス制御 ※1 ¥12,000 ¥1,800
(ライセンス料の15%)
PC1台あたりの価格
購入数によるボリュームディスカウントあり
NonCopy2 フォルダ制御 ※1 ¥15,000 ¥2,250
(ライセンス料の15%)
PC1台あたりの価格
購入数によるボリュームディスカウントあり
NonCopy2 セキュリティスイート ※1 ¥20,000 ¥3,000
(ライセンス料の15%)
PC1台あたりの価格
購入数によるボリュームディスカウントあり
NonCopy2 サーバー ¥700,000 ¥105,000
(ライセンス料の15%)
サーバー用ソフトウェア1台あたりの価格
NonCopyサーバー1LicでNonCopyクライアント5,000Licを制御可能

※1 最小購入ライセンス数は「30Lic」です。

〒252-0029
神奈川県座間市入谷西 3-24-9

TEL: 046-255-2544(代)

FAX: 046-255-0319

WEB: https://sciencepark.co.jp/

サイエンスパークは、デバイスドライバ関連の開発を軸にハードウェア、ファームウェア、アプリケーションまで、全ての分野をクロスオーバーさせた事業展開を行っています。具体的には、システム開発(受託開発)、技術提供(OEM提供)を中心に、研究開発、コンサルティング、技術トレーニングなどを行っています。 また、自社開発した情報漏洩防止ソリューションDriverware Software® 「NonCopy®」「4thEye®」の販売・サポートや、デバイスドライバ開発ツールの販売サポートも行っています。

page up