SCIENCE PARK

  1. ホーム
  2. 情報セキュリティ製品
  3. 製品ライフサイクル

製品ライフサイクル

製品ライフサイクルに関する項目

ライフサイクル概要

【弊社製品のライフサイクルについて】
  1. ① 製品を安心してご利用いただくため、常に最新バージョンのご利用を推奨致します。
  2. ② 原則として1年に1度、製品バージョンアップをリリースします。
  3. ③ 世代により、以下の図の通り、テクニカルサポートの内容が異なります。

対象バージョン

用語の定義

修正対応バージョン
報告、発見されたバグが、新バージョン開発において修正対象として考慮されるバージョン
問い合わせ対応バージョン
弊社サポート窓口への問い合わせが可能なバージョン
バージョンアップ対象バージョン
最新版へのバージョンアップが保証されるバージョン
テクニカルサポート終了バージョン
テクニカルサポートの提供対象外のバージョン

製品サポート概要

製品テクニカルサポートの内容は、以下の通りです。

内容
最新バージョンへのバージョンアップ保証(「バージョンアップ対象バージョン」より)
E-Mailでのお問い合わせ受付
サポート対象外の内容
弊社が提供するソフトウェア以外のシステム保守
調査等を目的とした現地作業
保守サポート対象外のバージョンについての問い合わせ受付

対応OSに関する方針

「各OSの延長サポート1年前」以降にリリースされたバージョンでは、対象OSは非対応となります。

例)Windows 7 SP1の場合(2020/1/14)

Windows10への対応方針

CBBのバージョンを基準に、CB,LTSBに対応します。
リリース時点での、Win10CBBにおける最新2バージョンに対応します。

ブランチ名 説明
CB
(Current Branch)
新しい機能更新プログラムのリリースは最初にCBにリリースされる。
常に最新バージョンのみサポート。
CBB
(Current Branch for Business)
CBリリース後4か月後に適用される、より安定性の高い状態を
維持するためのブランチ。最新2バージョンをサポート。
LTSB
(Long Term Service Branch)
長周期でサポートするプラン(最大10年)

例) 2017年1月、「NonCopy 2 Ver.1.5リリース」時

○当時の「CBB最新2バージョン」にあたる、1511・1607に対応
×「CBB最新2バージョン」から外れる、LTSB1507には非対応

page up