SCIENCE PARK


NonCopy for USB

NonCopy for USBとは

NonCopy for USBとは、USBメモリからファイルが漏えいしない、 安全なテレワーク実現ツールです。

政府が推進する「働き方改革」の中で重要な役割を担っているテレワーク。
USBメモリは、テレワークにおいて、ネットワーク分離された環境や、専用のファイル共有サービス等を未導入の環境における、テレワーク端末へのファイルの持ち運びに利用されています。
しかしながら、USBメモリは手軽で便利な反面、USBメモリからテレワーク端末へ大量のデータが簡単にコピーできてしまう点が、情報漏えいリスクとしてしばしば課題となっています。

「NonCopy for USB」は、従来のUSBメモリ利用時のセキュリティリスクに対応。
専用ソフトウェアと専用USBメモリの組み合わせにより、USBメモリの手軽さはそのままに、USBメモリからテレワーク端末へのファイルコピー禁止を実現。USBメモリを使った安全なテレワークを実現します。

NonCopy for USBの主な機能、特長

1. 専用USBメモリからのテレワーク端末へのファイルコピー禁止

・テレワーク端末では、専用USBメモリ内に保存されているファイルの閲覧、編集を許可します。
一方で専用USBメモリからテレワーク端末への各種ファイルコピー(テレワーク端末へのファイル保存、印刷、メール添付、ファイルのアップロード)を禁止することで、テレワーク端末における、安全な業務の遂行を可能とします。

2. 専用USBメモリに保存したファイルの自動暗号化

・端末から専用USBメモリにファイルを保存した際に自動暗号化。
万が一専用USBメモリを紛失した際も、専用ソフトウェアがないとファイルの復号はできません。
また、専用USBメモリ内のファイル保存時に自動的にウイルススキャンを実行。
専用USBメモリ経由のウイルス感染も防止します※1。

※1 NonCopy for USB スタートパック(アンチウイルス機能付きモデル)を購入時のみ。

3. 導入、運用が簡単

・お客様ごとに設定を施した専用ソフトウェアを端末にインストールすれば、あとは専用USBメモリを接続するだけで、利用可能になります。
サーバーの構築も不要です。

4. 各種ガイドライン対応

・「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」※2及び「医療情報の安全管理ガイドライン」※3 にも対応。

※2
「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」
「2.4.4. 教職員の利用する端末や電磁的記録媒体等の管理」について以下の項目に対応。

⑤ 教育情報システム管理者は、パソコンやモバイル端末等におけるデータの暗号化等の機能を有効にしなければならない。
端末にセキュリティチップが搭載されている場合、その機能を有効に活用しなければならない。
同様に、電磁的記録媒体についてもデータ暗号化機能を備える媒体を使用しなければならない。

※3
「医療情報の安全管理ガイドライン」
「6.9 情報及び情報機器の持ち出しについて」の以下の項目に対応。

6.9.6 情報機器に対して起動パスワードを設定すること。
6.9.7. 盗難、置き忘れ等に対応する措置として、情報に対して暗号化したりアクセスパスワードを設定する等、容易に内容を読み取られないようにすること。

価格

品名 参考価格 備考
  NonCopy for USB スタートパック 
(スタンダードモデル)
   198,000円 
  NonCopy for USB スタートパック 
(アンチウイルス機能付きモデル)
   248,000円   専用USBメモリにアンチウイルス機能が付属   

 

NonCopy for USBスタートパック構成

名称  数量   単位  備考
組織内端末用ソフトウェア ライセンス 5 Lic
テレワーク端末用ソフトウェア ライセンス 1  PC 50台(50Lic分)までインストール可能
組織内端末用ソフトウェア 年間保守 5 Lic
テレワーク端末用ソフトウェア 年間保守 1
専用USBメモリ(8GB) 5  スタンダードはパスワード認証機能付き 
 アンチウイルス機能付きモデルは 
 パスワード認証機能及びアンチウイルス機能付き
インストールメディア 1

 

動作環境

NonCopy for USBの動作環境はこちらをご参照ください。

page up