サイエンスパーク株式会社

サイト内検索
お問い合わせ
プロフェッショナルサービス

SBOMスキャナ

目次

1.SBOMスキャナとは
2.SBOMスキャナの3つの特長
3.SBOMを作成するメリット
4.画面イメージと出力例
5.紹介動画
6.お問い合わせ・関連リンク

SBOMスキャナとは

SBOMスキャナは、監視カメラやネットワーク機器、IoT デバイスの組み込みソフトウェアのバイナリデータから解析し、その脆弱性診断を行うサービスです。SBOMスキャナはバイナリデータから SBOM(Software Bill Of Materials)と呼ばれるオープンソースソフトウェアの部品表を生成し、さらにその部品表にリストアップされたオープンソースソフトウェアに対して報告されている脆弱性情報を列挙することで、脆弱性リスクを評価しますこの処理は全自動で実行されるため、素早い診断結果の入手が可能です。


SBOMスキャナの3つの特長

Point1: シンプルな機能と運用
SBOMと脆弱性情報のレポートを自動で生成します。脆弱性情報はCVE,NVD,VulnDBを利用し、出力レポートは自由に加工できるcsv形式です。

Point2: セキュアな環境
スタンドアロンPCで実行し、バイナリデータを社外に出さない運用が可能です。

Point3: 導入しやすさとサポート体制
ダウンロードでの配布となるので、ソフトウェアパッケージをPCにインストールするだけで利用開始できます。
また、H/w開発経験豊富な国産メーカーによる柔軟な対応が可能です。


SBOMを作成するメリット

セキュリティ管理

コンプライアンスの確保

品質管理と信頼性向上

保守業務の効率化

画面イメージと出力例

紹介動画



お問い合わせ・関連リンク